日本電子専門学校同窓会 > 病気にならない食事術

病気にならない食事術

2015年02月

「美しい日本語・美しい表現」講座

「うざい」「キモい」「超〜」といった若者言葉だけでなく、「食べれる」「自分的には〜」等々、最近、日本語が甚だしく乱れている、とお感じになっている人は少なくありません。あなたもその一人でしょうか。もともと日本には、情緒豊かな美しい言葉や表現がたくさんありました。それらが失われていくのは、なんとも残念です。そこでせめてJecの同窓生の方々には、美しい日本語、美しい表現を守っていただきたく、新しい講座を開設いたします。普段の会話に、手紙に、そしてメールにご活用ください。

問題:次の会話を、情緒ある美しい日本語で言い換えてみましょう。
   「今朝の雪さあ、あっという間に融けちゃったろ」
   「そう、春が近いなって感じたね」
 
例えばこんな言い方:
   「今朝は淡雪(あわゆき)でしたね」
   「そうですね、耳を澄ますと春の足音が聞こえるようでした」

   ●淡雪…春先に降る、うっすらと積もってすぐ融ける雪。泡雪とも書きます。