日本電子専門学校同窓会 > 病気にならない食事術

病気にならない食事術

2016年03月

「美しい日本語・美しい表現」講座12

問題:次の「大和言葉」の意味は、それぞれ(1)~(3)のどれでしょうか。

  A. きざはし
   (1)ちょっと気障でおしゃれな「橋」のこと 
   (2)階段のこと
   (3)材木を切った切れ端のこと

  B. 迫り持ち(せりもち)
   (1)アーチのこと
   (2)舞台装置のこと
   (3)尻もちがなまった言い方

《正解》 
A. (2):「きざはし」を漢字で書くと「階」で階段のこと。「刻む」の「きざ」と「橋」の合わさった言葉です。「橋」はもともと「二箇所をつなぐもの」という意味があり、「二箇所をつなぐぎざぎざの刻まれた道」である階段を「きざはし」と呼びました。
《山寺の石のきざはし下りくれば、椿こぼれぬ右にひだりに》(落合直文)など、歌にもよく読まれています。

B. (1):昔からある建築用語で、石やレンガをいわゆる「アーチ」型に積み上げたものを「迫り持ち」といいます。「迫り」は「せり上がる」というように、下からだんだんと上に上がっていくことを意味します。