日本電子専門学校同窓会 > 病気にならない食事術

病気にならない食事術

2018年01月

新シリーズ・100歳まで健康!!「病気にならない食事術」

100歳まで健康!!「病気にならない食事術」 
(医学博士・牧田善二著『医者が教える食事術 最強の教科書』ダイヤモンド社2017年刊より)

いつまでも元気で長生きしたいというのは、誰もが願うこと。巷には「◯◯健康法」なるものがあふれています。しかし中には根拠のない「俗説」や、自分が試してたまたま効果があった「自己流健康法」も少なくありません。そこでこのシリーズでは、最新医学に基づいた「新しい常識と体にいい食事術」をクイズ形式でご紹介していきます。情報源は牧田善二著『医者が教える食事術 最強の教科書』(ダイヤモンド社2017年刊)。著者は医学博士で、これまで20万人の糖尿病患者を診てきた糖尿病専門医。

問題:最近太ってきたのでランチで何を食べるか迷いました。次のメニューのうち、どちらがより肥満になりやすいでしょうか。

1. 200gのステーキとサラダバーでライスなし
2. もりそば2枚


《正解》2

解説:著者によれば、太る唯一の原因は「糖質」つまり炭水化物です。肥満は血糖値が上がることで起きるので、高カロリーだから太るというわけではありません。肥満防止にカロリー制限を、というのは間違った常識。カロリー説を唱える人にとって「脂肪は悪」ですが、そもそも脂肪を食べても、それがそのまま体の脂肪になるわけではありません。食べたものは消化・吸収の過程で新しい物質に変化します。また脂肪はたくさん食べると便として体外に排出されます。一方、糖質は体内で脂肪に変わり、しかも100%吸収されてしまいます。
ですから油をたっぷり使って調理したステーキやサラダバーで腹一杯になっても、麺類やごはんで腹一杯になるより太らないのです。