日本電子専門学校同窓会 > 病気にならない食事術

病気にならない食事術

2018年10月

新シリーズ・100歳まで健康!!「病気にならない食事術」

このシリーズでは、最新医学に基づいた「新しい常識と体にいい食事術」をクイズ形式でご紹介していきます。今回の情報源は藤田紘一郎著『体がよみがえる「長寿食」』(三笠書房2018年刊)。著者は医学博士で東京医科歯科大学名誉教授です。

問題: 次のパンのうち、血糖値の上昇を最も緩やかなものにしてくれるのはどれでしょうか。

1. フランスパン
2. クロワッサン
3. 全粒粉パン


《正解》3
解説: 糖質は、肥満と細胞の老化の原因となるので、できるだけ避けたいものですが、かといって主食を摂らないというのも無理な話。そこで、血糖値の上昇をできるだけ抑える食品を摂るよう心がけたいものです。食品が血糖値を上昇させる具合は、GI(グリセミック・インデックス)の値で表すことができます。食べてすぐに血糖値を急激に上昇させる「高GI食品」の代表は、フランスパン、食パン、うどんで、白米より高GIです。一方、低GI食品の代表は、春雨、全粒粉パン、オールブラン(シリアル)などです。フランスパンを食べる場合は、エキストラバージンオイルに浸けながら食べると良いでしょう。